お客様の声

2019年5月

【申  請】在留資格更新許可申請
【国  籍】パキスタン
【性  別】男性
【懸念材料】前科(詐欺罪)

過去に詐欺罪で有罪判決を受け、在留期間が短縮された依頼人の方が、永住許可申請の要件である3年以上の在留期間を得たいと当事務所にご相談に来られた事案でした。奥様と5人のお子様も日本に在留されており、また、今後も日本でずっと生活をすることをご希望されていました。申請では、当事務所のノウハウを駆使し、無事に「3年」の在留期間が許可されました。

【お客様の声】

「先生本当にありがとうございました。永住権の申請の時もよろしくお願いします」

2019年4月

【申  請】在留資格認定証明書交付申請
【国  籍】ネパール
【性  別】女性
【懸念材料】在留状況の不良

在留状況に問題があり(「留学」更新不許可からの難民認定申請中、税金未納など)、他事務所に依頼をして申請をするも不許可になった後に当事務所にご相談に来られた非常に難易度の高い事案でしたが、結果的には無事に「家族滞在」への変更(在留資格認定証明書交付申請)が認められました。奥様は当時妊娠中で、在留資格がなく日本にいられなかったために身重の状態でお子さんを連れて2人で本国に帰国していましたが「絶対に日本で出産したい」というご希望がありました。当事務所の独自のノウハウを駆使し、なんとか出産予定日までに認定証明書を取得して日本に戻ることができ、先日無事に日本でご出産されました。これからのご家族の幸せをお祈りしています。

【お客様の声】

「もう日本に戻ることはできないと思いました。本当に感謝してます先生。色々どうもありがとうございました。」

2019年1月

【申  請】在留資格更新許可申請
【国  籍】インド
【性  別】男性
【懸念材料】在留状況の不良

出席日数が著しく低かったことを理由に、在籍する学校から在留期間更新許可申請をすることができず、当事務所にご相談に来られた事案でした。ご本人には日本で勉強を続ける強い意欲があり、その意欲が審査官の方に伝わるように心がけて申請のサポートをし、無事に更新が許可されました。日本人の彼女様(更新許可後にご結婚され、現在は奥様)の献身的なサポートがあったことも許可の後押しとなりました。お二人の今後の日本での幸せな生活を願っております。

【お客様の声】

「ありがとうございます。無事に(更新することが)出来て安心しました。 棚村さんのご尽力のおかげです。」

2019年1月

【申  請】在留資格更新許可申請
【国  籍】中国
【性  別】男性
【懸念材料】在留状況の不良

出席日数が著しく低かったことを理由に、在籍する学校から在留期間更新許可申請をすることができず、当事務所にご相談に来られた事案でした。日本に来る前から患っていた御病気の影響で、思うように学校に通うことができない日々が続き、出席日数がとても低い状況でしたが、ご本人には日本で勉強を続ける強い意欲があり、日本で大学へ進学することを希望されていました。現在は通院により症状が改善されたことや、日本で今後も勉強をしたいという強い意欲が審査官の方に伝わるように心がけて申請のサポートをし、無事に更新が許可されました。これからも日本で引き続き学業に励んでください。

【お客様の声】

「先生ありがとうございました。大学受験頑張ります」

2019年1月

【申  請】在留資格変更許可申請
【国  籍】韓国
【性  別】女性
【懸念材料】なし

ご主人様(韓国籍)が日本で大学院を修了後に大手企業にご就職され、学生の時からお付き合いされていた方(韓国籍)とご結婚し、奥様の在留資格を「技術・人文知識・国際業務」から「家族滞在」へ変更許可申請をする事案でした。収入面、素行面で全く問題が無い事案でしたが、長期の在留期間を許可してほしいとのご希望から当事務所にご依頼いただき、結果として無事に最長の「5年」の在留期間が許可されました。

【お客様の声】

「ひで、奥さんの件本当にありがとねー。永住権の申請の時もよろしく!」

※今回の依頼人は当事務所の代表行政書士の大学院時代の同級生の方でした。永くお付き合いのある友人同士であるため、くだけた表現になっていますが、こちらで編集をせずにあえて原文のまま載せさせて頂きました。